日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台中止訴訟に勝利も 土屋アンナ“泥仕合”の重すぎた代償

 笑顔なき“勝利”だろう。モデルで歌手の土屋アンナ(33)が主演舞台の稽古に参加せず公演が中止になったとして、舞台をプロデュースした演出家の甲斐智陽氏(65)が約3000万円の損害賠償を請求した訴訟で、甲斐氏側が上告を見送り、土屋側の勝訴が確定したのだ。これで約3年半に及んだ泥仕合が終わったわけだが、土屋側に残された“傷”は大きかった。

 問題が発覚した当初は、甲斐氏側が「土屋が無断で稽古に参加しなかった」などと主張。土屋は「事実無根」と反論したが、一時批判が噴出し、“ドタキャン女優”のレッテルを貼られてしまった。

 その後も、甲斐氏がネット上に楽曲「ANNA」を公開。これに対し、土屋は楽曲の歌詞が名誉毀損にあたるとして、損害賠償を求めていたのだが、この訴訟でも土屋の訴えが認められ、甲斐氏に33万円の支払いが命じられていた。2つの裁判に勝った土屋だが、裁判に動きがあるたびに両者の争いがクローズアップされ、土屋にとっては“負のイメージ”にしかならなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事