飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

自分を素直にさせてくれるカツカレーは鼻先にんじん師匠

公開日:
失恋のときに救ってくれたのも…(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。皆さんは1週間の断食前の“最後の晩餐”に何を食べたいですか? 自分は迷うことなく、出せるもんなら、エンヤ並みの美声で「カツカレー!」と言います。しかも大盛り。そして大盛り分、残しそうですが、断食明けも「カツカレー!」。カレーライスと豚カツが大好…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る