日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

自分を素直にさせてくれるカツカレーは鼻先にんじん師匠

失恋のときに救ってくれたのも…(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。皆さんは1週間の断食前の“最後の晩餐”に何を食べたいですか? 自分は迷うことなく、出せるもんなら、エンヤ並みの美声で「カツカレー!」と言います。しかも大盛り。そして大盛り分、残しそうですが、断食明けも「カツカレー!」。カレーライスと豚カツが大好…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事