“天才子役”鈴木梨央 吹き替え作を「全部見ていない」ワケ

公開日:

 この4月から中学校へ進学し、晴れてJCとなった天才子役の鈴木梨央(12)。11日は日本語版の吹き替えを担当した米映画「LOGAN/ローガン」の公開アフレコに出席し、チョー早口のスペイン語のセリフも披露。ベテラン声優の山路和弘(62)から「ほんっとに君、うまいね。能力の塊。感性がいい」と絶賛されたのだった。

 同映画のキャンペーン大使も務める梨央は、「ヒュー・ジャックマンさんはカッコ良くてやさしい印象。こんなパパが欲しい!」と主演俳優の魅力を“最大の賛辞”でPR。以前に増してパワーアップしたトーク力を披露したが、作品の感想を求められると驚きの発言が飛び出した。

「自分が担当した部分だけで、映画は全部見ていないんです」

 吹き替えとはいえ、自分が関わった作品なのに見ていないなんて……まさかの失言!? と思いきや、ノー。同作はR15+指定で、観賞したくてもできない事情があったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る