飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

気配りはそよ風のごとし 藤井隆は心地良い“リゾート師匠”

公開日: 更新日:
藤井隆(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。15年前の春、この日の食事相手は、まるで一流ホテルや旅館のフロントマンレベルの丁寧さと笑顔で「お肉とお魚、どちらが良いですか?」。気を使って尋ねてくれたので、まずは素直に父親譲りの声で「良かったら、肉でもいいかな?」と返すと、滑舌良くハッキリと…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る