ダレノガレ明美 慶大卒エリート商社マンと“結婚当確”情報

公開日: 更新日:

「X君とダレノガレが真剣交際中とは社内では知られた話。彼は入社5年目で、いつ海外への転勤になってもおかしくない。研修目的の新人とは違って、中堅クラスは夫婦赴任が基本。そう遠くない時期に結婚するんじゃないか」(関係者)

 赴任先は豪州、東南アジア、北アメリカあたりが有力とか。ブラジルと日本のハーフである父とイタリア人の母を持つダレノガレだが、英語はおろか、ポルトガル語もイタリア語もしゃべれないと公言している。もっとも、語学力以上に懸念されていることがある。前出の関係者が言う。

「駐妻の間には昔ながらの厳然たるヒエラルキーがあって、特に新入りの妻はシンドイ。かの岩崎宏美でさえ、赴任先のパーティーで一曲カラオケを披露するように促された。あの世界は相当な忍耐力が求められます」

 負けん気の強さで乗り切れるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る