ダレノガレ明美は客にタメ口 女性芸能人の“キャバ嬢時代”

公開日: 更新日:

「六本木大学」とも称されるワタシたち水商売の世界で勉強し、芸能界へと旅立っていった先輩後輩たちは数知れず。このコラムでも多数紹介してきたわ。

 最近では元六本木キャバ嬢であるダレノガレ明美(25)が、彼氏とのデートを撮られてたわね。海外旅行の計画を立てながら、「向こうでは寝かせないからね」なんてイチャついてるところまで書かれてて、もう腹立つくらいラブラブ。

 事務所はなぜか「友達です」なんて言い訳コメントしてたけど、数日後に本人がこれを覆すかたちで「大切な彼氏です」と発表。事務所とかなりモメたんでしょうね。事務所が用意した言い訳を否定するなんてなかなかできない芸当よ。

 キャバ嬢時代はコワモテでチンピラ風のお客さん相手にも、今のテレビ出演時同様のタメ口ぶっちゃけキャラを貫いてた彼女だけあって、さすがの一言。今後もキャラぶれせずにわが道をいって欲しいわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る