ダレノガレ明美は客にタメ口 女性芸能人の“キャバ嬢時代”

公開日:  更新日:

「六本木大学」とも称されるワタシたち水商売の世界で勉強し、芸能界へと旅立っていった先輩後輩たちは数知れず。このコラムでも多数紹介してきたわ。

 最近では元六本木キャバ嬢であるダレノガレ明美(25)が、彼氏とのデートを撮られてたわね。海外旅行の計画を立てながら、「向こうでは寝かせないからね」なんてイチャついてるところまで書かれてて、もう腹立つくらいラブラブ。

 事務所はなぜか「友達です」なんて言い訳コメントしてたけど、数日後に本人がこれを覆すかたちで「大切な彼氏です」と発表。事務所とかなりモメたんでしょうね。事務所が用意した言い訳を否定するなんてなかなかできない芸当よ。

 キャバ嬢時代はコワモテでチンピラ風のお客さん相手にも、今のテレビ出演時同様のタメ口ぶっちゃけキャラを貫いてた彼女だけあって、さすがの一言。今後もキャラぶれせずにわが道をいって欲しいわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る