飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

前髪にこだわる人々「誰も見てない!あっ、俺が見てるか」

公開日: 更新日:
前髪が気になる?(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。いま居る喫茶店の右ななめ前の席の男性が、もういいだろ! って突っ込みたくなるぐらい前髪を手ぐしでホワッとセットし続けています。理想とは程遠いのか、あっ、またホワッと。相方の「やす」やブルース・ウィリスだったら、おそらく「あるだけいいだろ!」と…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る