躁鬱状態の林家きく姫を救った林家木久扇師匠のひと言

公開日: 更新日:

 寄席に入ると、楽屋で出演される方々のお世話をするのですが、一番大切なのは気持ち良く高座に上がっていただくこと。きちんと着物を畳み、飲み物をお出しする。冷たい水がいいのかお茶か、濃いか薄いか、一人一人の好みも覚えなくてはなりません。出囃子の太鼓も打ち方が違いますしね。

 落語の稽古は、ひたすら覚えることに専念しました。テレビに寄席、絵画と、毎日、忙しい師匠にお時間を頂戴するのですから、中途半端なことはできません。お稽古をつけていただいたら、それを録音してノートに書き起こし、何十回も口ずさんで完全コピーして覚えてました。

■番組の仕事がつらくて躁鬱状態に

 二つ目に上げていただいたのは91年10月。そして師匠が司会をされていた「木久蔵の人情一本釣り」(TBS系)のアシスタントや「スーパーワイド」(同)の「きく姫の!突撃ご訪問」コーナーも任されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  7. 7

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  8. 8

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    バービーに高い支持 女芸人“脱ブス”に「いじり」の難しさ

もっと見る