躁鬱状態の林家きく姫を救った林家木久扇師匠のひと言

公開日:

 見習から数えてちょうど芸歴30年。女性落語家、タレントとして活躍中の林家きく姫さん(47)が今あるのは、やはり師匠の林家木久扇さん(79)がいたから。

 ◇  ◇  ◇

 初めて木久扇(当時は木久蔵)師匠のご自宅兼事務所へお邪魔した時のことは今でも忘れませんね。玄関のチャイムを鳴らして「こんにちは」って言いましたら、内側から「いませんよ~、いませんよ~」って返事があったんです。

 この声は間違いなく師匠。その時点で大感激です。「弟子にしていただきたいんです」。するとドアが開き、立ってたのが師匠でした。第一声は「あなたが?……」。すごくけげんな顔をされてました。当然です。だって当時、私は16歳。ホンの数日前までは音楽高校の女子高生でしたから。

 私はもともと病弱で、人前で話すのがすごく苦手でした。それを克服させようと母が児童劇団に入れたくらいです。そしてミュージシャンを目指して高校に進学したのですが、3、4歳から音楽一筋の同級生ばかり。私のレベルでは太刀打ちできません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る