• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

躁鬱状態の林家きく姫を救った林家木久扇師匠のひと言

 見習から数えてちょうど芸歴30年。女性落語家、タレントとして活躍中の林家きく姫さん(47)が今あるのは、やはり師匠の林家木久扇さん(79)がいたから。

 ◇  ◇  ◇

 初めて木久扇(当時は木久蔵)師匠のご自宅兼事務所へお邪魔した時のことは今でも忘れませんね。玄関のチャイムを鳴らして「こんにちは」って言いましたら、内側から「いませんよ~、いませんよ~」って返事があったんです。

 この声は間違いなく師匠。その時点で大感激です。「弟子にしていただきたいんです」。するとドアが開き、立ってたのが師匠でした。第一声は「あなたが?……」。すごくけげんな顔をされてました。当然です。だって当時、私は16歳。ホンの数日前までは音楽高校の女子高生でしたから。

 私はもともと病弱で、人前で話すのがすごく苦手でした。それを克服させようと母が児童劇団に入れたくらいです。そしてミュージシャンを目指して高校に進学したのですが、3、4歳から音楽一筋の同級生ばかり。私のレベルでは太刀打ちできません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る