躁鬱状態の林家きく姫を救った林家木久扇師匠のひと言

公開日: 更新日:

 1年通ったものの、あまりの壁の高さに不安を覚えていた春休みの日曜。久々に見たのが「笑点」(日本テレビ系)でした。師匠が定番の「いや~ん、ばか~ん」を歌っていました。そこでハタと気付いたんです。

「そういえば、これはジャズの『セントルイス・ブルース』の替え歌だ。あの名曲をこんなふうにアレンジしちゃうなんて、すごい発想! アームストロングもビックリ! すごく楽しそう!」

 それがきっかけだったんです。

■楽屋で学んだ「気配り」

 こうして入門を許されたのが1987年4月。でも、落語のイロハのイの字も知らないまま、師匠を含めて落語を見たことも聞いたこともないのに弟子入り志願したのですから、ホント、世間知らずというか無謀でしたよね。6カ月の見習を経て前座を約4年。この間は落語家になるためと同時に、人間としての修業、気配りを学びました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る