唐沢寿明ショック…GW映画「ラストコップ」大コケの理由

公開日:

 GW映画の失敗というと、木村拓哉主演の「無限の住人」ばかり話題になるが、それ以上に不評で大コケになった映画がある。唐沢寿明、窪田正孝の刑事コンビの「LAST COP THE MOVIE」。主演の唐沢が30年間、眠り続けていたという設定の型破りな刑事ものだ。

「ラストコップ」は2015年に日本テレビ系でエピソード1が放送され、昨年9月にエピソード0、さらに昨秋に連ドラとして放送され、満を持しての映画のGW公開となった期待作。ところが、フタを開けてみれば、興収が4億円前後というまさに大惨敗になった。

「分かりやすくいえばB級のおバカな刑事ものです。子供相手に作られた作品で公開も変則的な5月3日でした。GW映画ならあと1週間早くてもいいのに、なんともチグハグだった。公開当初は子供客がそこそこいたのですが、GW後はさっぱり。連ドラもヒットしたとはいえず、ここ1年はこの作品にかかりっきりの唐沢にとっては消化不良の結果です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る