唐沢寿明ショック…GW映画「ラストコップ」大コケの理由

公開日: 更新日:

 GW映画の失敗というと、木村拓哉主演の「無限の住人」ばかり話題になるが、それ以上に不評で大コケになった映画がある。唐沢寿明窪田正孝の刑事コンビの「LAST COP THE MOVIE」。主演の唐沢が30年間、眠り続けていたという設定の型破りな刑事ものだ。

「ラストコップ」は2015年に日本テレビ系でエピソード1が放送され、昨年9月にエピソード0、さらに昨秋に連ドラとして放送され、満を持しての映画のGW公開となった期待作。ところが、フタを開けてみれば、興収が4億円前後というまさに大惨敗になった。

「分かりやすくいえばB級のおバカな刑事ものです。子供相手に作られた作品で公開も変則的な5月3日でした。GW映画ならあと1週間早くてもいいのに、なんともチグハグだった。公開当初は子供客がそこそこいたのですが、GW後はさっぱり。連ドラもヒットしたとはいえず、ここ1年はこの作品にかかりっきりの唐沢にとっては消化不良の結果です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

もっと見る