唐沢寿明ショック…GW映画「ラストコップ」大コケの理由

公開日:

 GW映画の失敗というと、木村拓哉主演の「無限の住人」ばかり話題になるが、それ以上に不評で大コケになった映画がある。唐沢寿明、窪田正孝の刑事コンビの「LAST COP THE MOVIE」。主演の唐沢が30年間、眠り続けていたという設定の型破りな刑事ものだ。

「ラストコップ」は2015年に日本テレビ系でエピソード1が放送され、昨年9月にエピソード0、さらに昨秋に連ドラとして放送され、満を持しての映画のGW公開となった期待作。ところが、フタを開けてみれば、興収が4億円前後というまさに大惨敗になった。

「分かりやすくいえばB級のおバカな刑事ものです。子供相手に作られた作品で公開も変則的な5月3日でした。GW映画ならあと1週間早くてもいいのに、なんともチグハグだった。公開当初は子供客がそこそこいたのですが、GW後はさっぱり。連ドラもヒットしたとはいえず、ここ1年はこの作品にかかりっきりの唐沢にとっては消化不良の結果です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る