• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

唐沢寿明ショック…GW映画「ラストコップ」大コケの理由

 GW映画の失敗というと、木村拓哉主演の「無限の住人」ばかり話題になるが、それ以上に不評で大コケになった映画がある。唐沢寿明、窪田正孝の刑事コンビの「LAST COP THE MOVIE」。主演の唐沢が30年間、眠り続けていたという設定の型破りな刑事ものだ。

「ラストコップ」は2015年に日本テレビ系でエピソード1が放送され、昨年9月にエピソード0、さらに昨秋に連ドラとして放送され、満を持しての映画のGW公開となった期待作。ところが、フタを開けてみれば、興収が4億円前後というまさに大惨敗になった。

「分かりやすくいえばB級のおバカな刑事ものです。子供相手に作られた作品で公開も変則的な5月3日でした。GW映画ならあと1週間早くてもいいのに、なんともチグハグだった。公開当初は子供客がそこそこいたのですが、GW後はさっぱり。連ドラもヒットしたとはいえず、ここ1年はこの作品にかかりっきりの唐沢にとっては消化不良の結果です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る