まずは香取か…「残留or独立」元SMAPそれぞれの腹積もり

公開日:

 新たな一歩を踏み出すべきか、とどまるべきか――。元SMAPメンバーが、今また我が身の去就に悩んでいるようだ。所属のジャニーズ事務所から出るならば、その意思表示を事務所に伝える6月が目の前に迫ってきた。木村拓哉(44)を除く4人が揃って出ていくのではとの臆測が流れているが、その決断には大きなリスクを伴う。

 そんな中、ここへきて残留へ傾いているとされるのが中居正広(44)。その事情はこうだ。

「司会を務めるテレ朝のバラエティー『中居正広のミになる図書館』が深夜枠からゴールデン枠へと進出したし、他にも多くのレギュラーを持つ彼は、今のポジションがジャニーズにいることを土台にしていることを十分わかっていますよ。つまり、出るとなれば、それらがすべてご破算になるリスクを負わなければならない。どんな売れっ子であれ、中居が辞めるとなった途端、ジャニーズはたとえば『代わりに嵐を出しますので』と、瞬く間に今のポジションを奪ってしまう。中居は新たに自分の場所を自分で開拓しなければならなくなる。すでに独立を決めているとしても、ジャニーズとの関係をスパッと切ってしまうのでなく、業務提携という形で存続させるとか、いろんな手を模索してますよ」(某局ワイドショー芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る