熊田曜子が産後初写真集を語る「胸が張ると授乳し撮影」

公開日:

 2児の母となった熊田曜子(35)が5年ぶり、36冊目のグラビア写真集「The GREATEST!!」(講談社)を26日に発売。産後も変わらぬ悩殺ボディーを保ち、「グラビアは天職」という彼女に直撃した。

「どうやって体形戻したの? ってよく聞かれるんですけど、育児と完全母乳だけ。授乳で1日700キロカロリーも消費するのでジムより消費カロリーが多いんですよ。母乳をあげると胸が減るからと早く断乳する方も多いようですが、むしろ逆。おもちゃを拾うのもトレーニングだと思って動いてます。

 撮影中はちょうど授乳中で胸は私史上一番大きかったです。上の娘の時はJカップだったけど……2人目になるともっと大きくなるそうだから、それ以上かも。ある意味“GREATEST!!”です。撮影中は胸が張ると搾乳して、また撮影でした。多い時は両胸で500ミリリットルほど搾乳できるので、胸の大きさも相当違うんです。おへそも産後で“出べそ”なんです。でもこれも産んだ証しだと思って、あえてそのままです。結婚指輪も外さずでいいと言われて。ありのままで受け入れてもらえてうれしい限りです。

 今回のお気に入りは初挑戦のM字開脚。どうやったらセクシーに写るか、研究して股関節が痛くなりました(笑い)。どの写真も全力でギリギリに迫りました。みなさんがグラビアに興味を持ち始めた思春期のように、いろんな角度から見てもらいたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る