産後ぽちゃも好印象 関根麻里の“争奪戦必至”ポテンシャル

公開日:  更新日:

 タレントの関根麻里(32)が25日、アメリカ留学推進プロジェクト特別企画に出席。昨年11月、夫で韓流歌手のK(32)との間に授かった第1子となる女児を出産後初のイベントということもあって、かなりポッチャリした印象だったが、それがまた幸せいっぱいの生活を感じさせたのだった。

 米大使館主催のこの日のイベントでは、同国のキャロライン・ケネディ駐日大使との対談映像が流れた。25分間にわたって通訳を介さず、サシでお互いの海外留学談議に花を咲かせる様子は、さながら語学堪能なニュースキャスター。

 もっとも、お高くとまったところは一切なく、囲み取材では「3時間ごとに起きておっぱいをあげたり、おむつを替えたり、あやしたり。一日があっという間」と新米ママらしいエピソードを明かし、「孫にコントロールされている。メロメロでデロデロ」と父・関根勤(63)の溺愛ぶりも披露した。リップサービスもたっぷりで、とにかく、非の打ちどころがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る