清水富美加 対談本で匂わせた芸能界復帰のカウントダウン

公開日: 更新日:

「千眼美子」名義での出版本は早くも2冊目。宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が2日に出版した教団の大川隆法総裁(60)との共著「公開対談 千眼美子のいまとこれから。」(幸福の科学出版)だが、その売れ行きはビミョ~である。

 発売当日に突然、本人の公式ツイッターで出版を公表した千眼。事前の告知が一切なかったことも影響したのか、amazonの売れ筋ランキングでは100位圏外(5日夕現在)と出遅れた。ベストセラー入りした前作「全部、言っちゃうね。~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」ほどの勢いはないようで、紀伊國屋書店新宿本店の店頭には、千眼の直筆とおぼしきサインの入ったポップと著書が平積みにされたワゴンが1階の正面入り口に置かれていたが、“ファーストインパクト”ほどではないようだ。

 気になる内容は、すこぶる自然体だ。前作の衝撃的なタイトルを振り返り、大川氏が〈全部は言ってないよね、やっぱり(笑)〉と尋ねると、〈言ってないですね(笑)。すみません。〉とすんなりと謝罪。おまけに〈次は、「根こそぎ、言っちゃうね」で(会場笑)〉などと騒動を逆手に取ったリップサービスまで飛び出し、出家生活にも慣れた様子をうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る