• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清水富美加 対談本で匂わせた芸能界復帰のカウントダウン

「千眼美子」名義での出版本は早くも2冊目。宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が2日に出版した教団の大川隆法総裁(60)との共著「公開対談 千眼美子のいまとこれから。」(幸福の科学出版)だが、その売れ行きはビミョ~である。

 発売当日に突然、本人の公式ツイッターで出版を公表した千眼。事前の告知が一切なかったことも影響したのか、amazonの売れ筋ランキングでは100位圏外(5日夕現在)と出遅れた。ベストセラー入りした前作「全部、言っちゃうね。~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」ほどの勢いはないようで、紀伊國屋書店新宿本店の店頭には、千眼の直筆とおぼしきサインの入ったポップと著書が平積みにされたワゴンが1階の正面入り口に置かれていたが、“ファーストインパクト”ほどではないようだ。

 気になる内容は、すこぶる自然体だ。前作の衝撃的なタイトルを振り返り、大川氏が〈全部は言ってないよね、やっぱり(笑)〉と尋ねると、〈言ってないですね(笑)。すみません。〉とすんなりと謝罪。おまけに〈次は、「根こそぎ、言っちゃうね」で(会場笑)〉などと騒動を逆手に取ったリップサービスまで飛び出し、出家生活にも慣れた様子をうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る