清水富美加 対談本で匂わせた芸能界復帰のカウントダウン

公開日:

「千眼美子」名義での出版本は早くも2冊目。宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が2日に出版した教団の大川隆法総裁(60)との共著「公開対談 千眼美子のいまとこれから。」(幸福の科学出版)だが、その売れ行きはビミョ~である。

 発売当日に突然、本人の公式ツイッターで出版を公表した千眼。事前の告知が一切なかったことも影響したのか、amazonの売れ筋ランキングでは100位圏外(5日夕現在)と出遅れた。ベストセラー入りした前作「全部、言っちゃうね。~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」ほどの勢いはないようで、紀伊國屋書店新宿本店の店頭には、千眼の直筆とおぼしきサインの入ったポップと著書が平積みにされたワゴンが1階の正面入り口に置かれていたが、“ファーストインパクト”ほどではないようだ。

 気になる内容は、すこぶる自然体だ。前作の衝撃的なタイトルを振り返り、大川氏が〈全部は言ってないよね、やっぱり(笑)〉と尋ねると、〈言ってないですね(笑)。すみません。〉とすんなりと謝罪。おまけに〈次は、「根こそぎ、言っちゃうね」で(会場笑)〉などと騒動を逆手に取ったリップサービスまで飛び出し、出家生活にも慣れた様子をうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る