• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

スキャンダル対応がカギ 元SMAP中居正広が歩む大物への道

 卓球の張本智和と将棋の藤井聡太の2人の14歳が旋風を巻き起こしている。今年のキーワードは「初」と「史上最年少」にあるようだ。芸能界でもそんな現象が見られる。

 バラエティー番組の司会者にとって自分の名前を冠にすることはステータスといわれる。現在、冠番組を持つタレントは71歳のタモリを筆頭に北野武、笑福亭鶴瓶、明石家さんま、所ジョージと60代が続き、次に53歳の松本人志がいる。そこにSMAPの肩書がとれた44歳の中居正広が冠番組最年少タレントとして加わった。中居はアイドル界から司会者への転身。これも初。冠番組はタレントとしての中居を高評価する証し。ジャニーズでも「嵐」を筆頭にグループ名の冠番組はあるが、個人名の司会は中居が初だろう。

 ジャニーズは伝統的に「初」にこだわっている事務所の印象が強い。CD発売に際し、「初登場1位」が日常茶飯事。最近もジュニアの子が「映画初出演」の記事が載った。後輩の初は事務所の力によるところが大きいが、中居は個の力だけに事務所への貢献度も高い。中居はSMAPで活動中からすでに「タレントとしての才能は別格」と業界内でも評価は高かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る