• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

スキャンダル対応がカギ 元SMAP中居正広が歩む大物への道

 卓球の張本智和と将棋の藤井聡太の2人の14歳が旋風を巻き起こしている。今年のキーワードは「初」と「史上最年少」にあるようだ。芸能界でもそんな現象が見られる。

 バラエティー番組の司会者にとって自分の名前を冠にすることはステータスといわれる。現在、冠番組を持つタレントは71歳のタモリを筆頭に北野武、笑福亭鶴瓶、明石家さんま、所ジョージと60代が続き、次に53歳の松本人志がいる。そこにSMAPの肩書がとれた44歳の中居正広が冠番組最年少タレントとして加わった。中居はアイドル界から司会者への転身。これも初。冠番組はタレントとしての中居を高評価する証し。ジャニーズでも「嵐」を筆頭にグループ名の冠番組はあるが、個人名の司会は中居が初だろう。

 ジャニーズは伝統的に「初」にこだわっている事務所の印象が強い。CD発売に際し、「初登場1位」が日常茶飯事。最近もジュニアの子が「映画初出演」の記事が載った。後輩の初は事務所の力によるところが大きいが、中居は個の力だけに事務所への貢献度も高い。中居はSMAPで活動中からすでに「タレントとしての才能は別格」と業界内でも評価は高かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る