二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

スキャンダル対応がカギ 元SMAP中居正広が歩む大物への道

公開日:

 卓球の張本智和と将棋の藤井聡太の2人の14歳が旋風を巻き起こしている。今年のキーワードは「初」と「史上最年少」にあるようだ。芸能界でもそんな現象が見られる。

 バラエティー番組の司会者にとって自分の名前を冠にすることはステータスといわれる。現在、冠番組を持つタレントは71歳のタモリを筆頭に北野武、笑福亭鶴瓶、明石家さんま、所ジョージと60代が続き、次に53歳の松本人志がいる。そこにSMAPの肩書がとれた44歳の中居正広が冠番組最年少タレントとして加わった。中居はアイドル界から司会者への転身。これも初。冠番組はタレントとしての中居を高評価する証し。ジャニーズでも「嵐」を筆頭にグループ名の冠番組はあるが、個人名の司会は中居が初だろう。

 ジャニーズは伝統的に「初」にこだわっている事務所の印象が強い。CD発売に際し、「初登場1位」が日常茶飯事。最近もジュニアの子が「映画初出演」の記事が載った。後輩の初は事務所の力によるところが大きいが、中居は個の力だけに事務所への貢献度も高い。中居はSMAPで活動中からすでに「タレントとしての才能は別格」と業界内でも評価は高かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る