日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

極貧話が話題 ママタレ戦国時代を生きる優木まおみの武器

〈進学した学芸大では、家賃が月額3千円の寮に入りました。生活費は光熱費含めて月に1万円〉――。東京学芸大卒のタレント、優木まおみ(37)が12日付の朝日新聞朝刊に学生時代のカネに苦心したエピソードを明かし、話題になっている。

 佐賀にある実家は、ラーメン一杯をワンコインで提供する庶民派の中華屋。在京キー局の女子アナになることを夢見ていた優木は東京にある国立大への進学しか選択肢がなく、猛勉強して見事に現役合格を果たした。入学後も低所得世帯の学生として学費免除を受け、仕送りには頼らずバイトを3つ掛け持ちし、ハワイ大へ留学したという勤勉家であり努力家でもあるのだ。

 フジテレビの入社試験に落ちて夢破れるも、苦労を重ね、バラエティーやグラビアで活躍するまでになった優木。2013年には3歳年上のカリスマ美容師と結婚し、現在は2人の娘を持つ母親でもある。妻として、母として、女として、持ち前の上昇志向の精神を発揮し今の地位を築いたわけだが、さる芸能関係者はこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事