飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

酷暑と上手に付き合うには「やっぱり緑師匠」が不可欠?

公開日: 更新日:
(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。毎日夏だなあ~と思う暑い日が続きますが、自分はただいま目的地までの道中は日陰から木陰、そしてまた日陰から木陰へと〈忍法、飛べないムササビ移動!〉で酷暑と上手に付き合っていこうキャンペーンを絶賛実施中。やっぱり木陰の涼しさはやさしくて良いですね…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  6. 6

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  7. 7

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

もっと見る