日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

酷暑と上手に付き合うには「やっぱり緑師匠」が不可欠?

(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。毎日夏だなあ~と思う暑い日が続きますが、自分はただいま目的地までの道中は日陰から木陰、そしてまた日陰から木陰へと〈忍法、飛べないムササビ移動!〉で酷暑と上手に付き合っていこうキャンペーンを絶賛実施中。やっぱり木陰の涼しさはやさしくて良いですね…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事