• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

女優は恋で成長するが “不倫歴あり”斉藤由貴の苦しい弁明

 今井絵理子(33)の不倫問題が物議を醸していたら、今度は女優の斉藤由貴(50)と同年代の医師とのダブル不倫が「週刊文春」のスクープで発覚した。即座の会見は傷口を広げないための最良の策とはいえ、不倫と思われる数々の事実に今井同様、苦しい弁明に終始した。

 昔、女優との不倫を劇作家に直撃したとき、作家がこう反論してきた。

「男女の関係はエッチして成立する。その証拠がない限り認めない」と――。そんな証拠を掴むのは無理。代わりに一室で過ごした事実などを克明に提示する。こちらも作家に「事実を否定できる根拠となる証拠はありますか」と返した。禅問答みたいなものだが、ベッキー以後、大半の人が事実の前に屈し、不倫を認めた。否定したのは今井と斉藤だけだった。2人とも立場上、認めるわけにはいかないが、世間の目は相次ぐ不倫報道にシビア。彼女たちの弁明はにわかに信じ難い。結果、今井は議員の立場からバッシングされたが、斉藤は「女優・斉藤」の名が風評を抑えているようにも見える。斉藤は歌手だけでなく、「スケバン刑事」をきっかけに女優としても王道を歩んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る