ダンス振付師は共感 日野皓正氏の“往復ビンタ”に賛否両論

公開日:

 20日、世田谷パブリックシアターで開催された「日野皓正presents Jazz For Kids」で、トランペッターの日野皓正(74)が演奏中の中学生にビンタをした件について賛否両論が巻き起こっている。

「暴力は絶対反対」という声の一方で、「よくやってくれた」「大御所がハッキリ意思表示してくれて心強い」という賛成の声が、日々、子供と接する指導者の間で広がっているのだ。

 この公演は、世田谷区教育委員会が主催。区内の中学生を日野皓正らトッププロが指導するプロジェクトの一環で、4カ月の成果を披露。パート紹介の際、ドラム担当の男子中学生がソロパートをいつまでも続けている様子に「おまえのパートじゃないんだよ!」と日野がビンタを食らわし、止めさせた動画が週刊文春で掲載された。

 当事者の中学生は日野に謝罪したというが、教育現場では行き過ぎた個性尊重教育のおかげで“自分さえ良ければいい”とはき違えた子供が集団行動を乱し、指導者たちは大いに頭を痛めているという。ダンス振付師で、LegendTokyo優勝者のavecoo氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る