日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CGで出演者消す TBS番組ヤラセ問題に根深い“ご都合主義”

 日曜夜のTBS系バラエティー「珍種目№1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」(6月19日放送回)に関するヤラセ問題に“ジャッジ”が下された。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が昨6日、「出演者に対する敬意や配慮を著しく欠いた編集を行ったことを放送倫理違反」とする意見書を公表。その内容は勧告となる「人権侵害」や、「放送倫理上重大な問題(違反)」よりソフトな見解であった。

 問題になっていたのは、専門家やタレントが双子の入れ替わりを当てるコーナーで、解答者のひとりだった顔相鑑定士の抗議で発覚した。実際は最終問題まで解答していたにもかかわらず、放送では問題の順番を入れ替え、途中で「脱落」となり、CGで姿が消された映像が流れたというもの。意見書には、制作会社のプロデューサーによる現場判断でルールの変更や時系列の入れ替えを行ったり、現場のトップである総合演出の指摘を受け、顔相鑑定士の姿が消されたとある。こうした編集の裏側が明るみとなることで多くの視聴者が抱く感想は、いくらバラエティーとはいえ、出演者に対する敬意や配慮に欠けるテレビのご都合主義だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事