地方再生のカリスマに 西川貴教の郷土愛とビジネスセンス

公開日:

 T.M.レボリューションこと、歌手の西川貴教(47)が29日、滋賀のアンテナショップ「ここ滋賀」(東京・日本橋)のオープニングセレモニーに登壇。西川と同じく滋賀出身のジャーナリスト田原総一朗氏(83)もテープカットに参加、台風22号の影響で大雨にもかかわらず、熱心な西川ファンが詰めかけた。

 9月に自身が主催する「イナズマロックフェス2017」が台風18号の影響で中止されたのに続き、またもや台風の影響でイベントは屋内に変更。報道陣の「まさに嵐を呼ぶ男ですね?」の質問に、「三日月県知事もなかなかの雨男で。琵琶湖を感じていただければと……今までは(有楽町の)交通会館にあり、正面には北海道のアンテナショップがあって、なかなか滋賀は見つけにくかった。悲願の日本橋出店です」と笑顔で返した。

■ロックフェスの経済効果は10億円

 西川は、滋賀ふるさと観光大使第1号に任命され、ロックフェスを立ち上げた地元PRの“功労者”。当時、一緒に「イナズマ――」を立ち上げた嘉田由紀子前滋賀県知事(67)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る