地方再生のカリスマに 西川貴教の郷土愛とビジネスセンス

公開日: 更新日:

 T.M.レボリューションこと、歌手の西川貴教(47)が29日、滋賀のアンテナショップ「ここ滋賀」(東京・日本橋)のオープニングセレモニーに登壇。西川と同じく滋賀出身のジャーナリスト田原総一朗氏(83)もテープカットに参加、台風22号の影響で大雨にもかかわらず、熱心な西川ファンが詰めかけた。

 9月に自身が主催する「イナズマロックフェス2017」が台風18号の影響で中止されたのに続き、またもや台風の影響でイベントは屋内に変更。報道陣の「まさに嵐を呼ぶ男ですね?」の質問に、「三日月県知事もなかなかの雨男で。琵琶湖を感じていただければと……今までは(有楽町の)交通会館にあり、正面には北海道のアンテナショップがあって、なかなか滋賀は見つけにくかった。悲願の日本橋出店です」と笑顔で返した。

■ロックフェスの経済効果は10億円

 西川は、滋賀ふるさと観光大使第1号に任命され、ロックフェスを立ち上げた地元PRの“功労者”。当時、一緒に「イナズマ――」を立ち上げた嘉田由紀子前滋賀県知事(67)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る