酔うと仲間を勧誘 小栗旬“軍団長”に他の事務所は戦々恐々

公開日:  更新日:

 スマホ窃盗事件で解散状態となった赤西仁軍団。代わりに最近、六本木で軍団と呼ばれてるのは、小栗旬クン率いる小栗軍団ね。

 メンバーはリーダーの小栗クン、同じ事務所の綾野剛クン、笠原秀幸クン、坂口健太郎クンをはじめ、他の事務所の子たちでは山田孝之クンや鈴木亮平クンやムロツヨシさん。まぁ豪華よね。

 今までは三軒茶屋や三宿かいわいを根城にしていたんだけど、最近は六本木や西麻布にも進出してる。赤西軍団との違いは、やっぱり女っ気がないとこね。男だけで集まって、ひたすら役者論を語りながら、酒を浴びるように飲む。しかも選ぶ店も、大衆居酒屋ばかり。貸し切りにすることもなく、一般のお客さんとも和気あいあいと戯れてることもあるの。小栗クンは器がデカくてカッコいいわね。

 けど、問題は2つ。1つ目は、酔ったら際限なく人を呼び出すこと。俳優仲間だけでなく、映画やドラマの監督や脚本家、プロデューサーにいたるまで、深夜だろうが早朝だろうがおかまいなしにガンガン電話。「ずっと待ってますから」が口癖で、みんな小栗クンからいつ電話が来るかビクビクしてるんだって(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る