酔うと仲間を勧誘 小栗旬“軍団長”に他の事務所は戦々恐々

公開日:  更新日:

 スマホ窃盗事件で解散状態となった赤西仁軍団。代わりに最近、六本木で軍団と呼ばれてるのは、小栗旬クン率いる小栗軍団ね。

 メンバーはリーダーの小栗クン、同じ事務所の綾野剛クン、笠原秀幸クン、坂口健太郎クンをはじめ、他の事務所の子たちでは山田孝之クンや鈴木亮平クンやムロツヨシさん。まぁ豪華よね。

 今までは三軒茶屋や三宿かいわいを根城にしていたんだけど、最近は六本木や西麻布にも進出してる。赤西軍団との違いは、やっぱり女っ気がないとこね。男だけで集まって、ひたすら役者論を語りながら、酒を浴びるように飲む。しかも選ぶ店も、大衆居酒屋ばかり。貸し切りにすることもなく、一般のお客さんとも和気あいあいと戯れてることもあるの。小栗クンは器がデカくてカッコいいわね。

 けど、問題は2つ。1つ目は、酔ったら際限なく人を呼び出すこと。俳優仲間だけでなく、映画やドラマの監督や脚本家、プロデューサーにいたるまで、深夜だろうが早朝だろうがおかまいなしにガンガン電話。「ずっと待ってますから」が口癖で、みんな小栗クンからいつ電話が来るかビクビクしてるんだって(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る