飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

玄関開けたらハワイ? 仕事の日の朝に現れる現実逃避師匠

公開日: 更新日:
玄関開けたらハワイ~!(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。平日の昼間からゴロゴロ~ゴロゴロ~。あ~あ、玄関開けたらHawaii! な~んて現実逃避をして頭や体がパンパンにならないように日々過ごしてます。皆さんはいかがですか? 今回は自分だけでなく、ひょっとしたら皆さんの中にもいる「現実逃避師匠」です…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る