飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

現実逃避師匠 レッサーパンダは立っただけでVIP扱いも…

公開日: 更新日:
心の中ではC・ロナウド!(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。平日の昼間からゴロゴロ~ゴロゴロ~。あ~あ~ゴロゴロしてるだけで家が建たねぇかな~って建たないよ! おい自分自身よ。早く外に行って笑わせて来なさいよ。おまえはその繰り返しでやっと家が建つんだよ。ふたつ返事で「はい」。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  10. 10

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

もっと見る