• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安室も桑田も望み薄…NHK紅白「最低視聴率」で存続危機も

 紅白歌合戦は崖っぷちじゃないか。

 来年9月に引退する安室奈美恵を引っ張り出そうと、NHKはあの手この手で画策しているが、出場者に名前がなく望み薄だ。

 さらに朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌った桑田佳祐も同様。NHKは「粘り強く交渉していきたい」というが、去年のSMAPの例もあるので視聴者は期待していない。

 とはいえ、いまさら大物にオファーしようにも、「2人に断られたから頼むのか」とヒンシュクを買って難航するのは目に見えている。ヤバイ。

 昭和には60~70%台を誇った国民的番組も年々ジリ貧に。2000年代からは1部が全部30%台で最低は30.6%。目玉を投入する2部も04年に初めて40%を割り、これまで4回40%割れ(最低は15年の39.2%)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る