各局が忖度? 花田優一がかぶる父・貴乃花親方の“火の粉”

公開日:  更新日:

 暴行事件の責任をとって元横綱・日馬富士(33)が引退した角界だが、醜聞の後始末にはまだまだ時間がかかりそうだ。

「日馬富士に殴られた被害者の貴ノ岩の師匠・貴乃花親方がまったく相撲協会に歩み寄ろうとしない。親方がもう少し大人になって“忖度”すれば騒動の解決も早まりそうなんですけど徹底抗戦ですからね」(相撲担当記者)

 日馬富士の引退後も、民放各局のワイドショーは引き続き騒動を大々的に取り上げて渦中の親方や力士の一挙手一投足を詳報。視聴率も好調だが、思わぬところから“物言い”がついたという。

「ある芸能界の実力者が親しいテレビ関係者に電話をかけては、『もう、貴乃花親方は飽きた。テレビで見たくない』とこぼしているそうです。もともと、この人物は現役時代から貴乃花の兄で現在はタレントの花田虎上をかわいがっていた。それを知っている貴乃花は実力者だからといってすり寄らず距離を置いたため印象がよくないようです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る