各局が忖度? 花田優一がかぶる父・貴乃花親方の“火の粉”

公開日: 更新日:

 暴行事件の責任をとって元横綱・日馬富士(33)が引退した角界だが、醜聞の後始末にはまだまだ時間がかかりそうだ。

「日馬富士に殴られた被害者の貴ノ岩の師匠・貴乃花親方がまったく相撲協会に歩み寄ろうとしない。親方がもう少し大人になって“忖度”すれば騒動の解決も早まりそうなんですけど徹底抗戦ですからね」(相撲担当記者)

 日馬富士の引退後も、民放各局のワイドショーは引き続き騒動を大々的に取り上げて渦中の親方や力士の一挙手一投足を詳報。視聴率も好調だが、思わぬところから“物言い”がついたという。

「ある芸能界の実力者が親しいテレビ関係者に電話をかけては、『もう、貴乃花親方は飽きた。テレビで見たくない』とこぼしているそうです。もともと、この人物は現役時代から貴乃花の兄で現在はタレントの花田虎上をかわいがっていた。それを知っている貴乃花は実力者だからといってすり寄らず距離を置いたため印象がよくないようです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る