• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高須氏落札の天皇独白録 本当に皇室にプレゼントできる?

〈日本の未来に役立つ財産だ〉〈日本に取り戻すのは国民の使命〉

 自身のブログでそう意気込んでいた「YES高須クリニック!」の高須克弥院長(72)が日本時間の7日、米NYの競売商ボナムズのオークションで「昭和天皇独白録」の原本とされる文書を落札。価格は、手数料込みで27万5000ドル(約3080万円)というから、さすがに持っている。

 高須院長は同日付のブログに〈勝った!〉〈皇室にお返しするぜ〉などと、落札の喜びをつづっていた。

 手書きで173ページ、計2巻の独白録は昭和天皇が終戦直後、戦前・戦中の出来事を振り返り、側近に語った談話をまとめたもの。ボナムズの担当者は「20世紀の世界史を理解する上で極めて重要な文書」としているが、落札価格は査定額の2倍という。

 そこまでする価値があるのか、という議論はさておき、高須院長はテレビ局の取材に「秋篠宮悠仁さまにプレゼントしようと思って」「なんとか受け取っていただけるといいなと思っている」などと答えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る