高須氏落札の天皇独白録 本当に皇室にプレゼントできる?

公開日:  更新日:

〈日本の未来に役立つ財産だ〉〈日本に取り戻すのは国民の使命〉

 自身のブログでそう意気込んでいた「YES高須クリニック!」の高須克弥院長(72)が日本時間の7日、米NYの競売商ボナムズのオークションで「昭和天皇独白録」の原本とされる文書を落札。価格は、手数料込みで27万5000ドル(約3080万円)というから、さすがに持っている。

 高須院長は同日付のブログに〈勝った!〉〈皇室にお返しするぜ〉などと、落札の喜びをつづっていた。

 手書きで173ページ、計2巻の独白録は昭和天皇が終戦直後、戦前・戦中の出来事を振り返り、側近に語った談話をまとめたもの。ボナムズの担当者は「20世紀の世界史を理解する上で極めて重要な文書」としているが、落札価格は査定額の2倍という。

 そこまでする価値があるのか、という議論はさておき、高須院長はテレビ局の取材に「秋篠宮悠仁さまにプレゼントしようと思って」「なんとか受け取っていただけるといいなと思っている」などと答えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る