“青い目の国会議員”で話題に ツルネン・マルテイさんは今

公開日:  更新日:

 かつて“青い目の政治家”として話題になった国会議員がいた。フィンランド生まれの元民主党参院議員、弦念丸呈(ツルネン・マルテイ)さん(77)だ。2013年7月の参院選に比例区で出馬したものの惜しくも落選。通算2期で政界を引退した。今どうしているのか?

■人生を振り返り「すべては使命だった」

「日々の生活は執筆活動をメインにしてまして、午前中はパソコンに向かい、午後は読書をしたり30坪ほどの家庭菜園の手入れをしたり。政界? すっかり距離を置いてしまい、投票には必ず行きますが民進党の党員でもありません」

 神奈川県鎌倉市西鎌倉。弦念さんと会ったのは最寄り駅から10分ほど歩いた閑静な住宅地にある自宅の書斎だった。

「13年の政界引退以降、手がけた書籍は3冊になります。この中には、前妻との間に生まれ、分子生物学者でもある次女が書いた小説を翻訳した『砂漠の鷲』(新評論)もあります。この12月20日には自叙伝『使命』(皓星社)を発売予定なんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る