• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“青い目の国会議員”で話題に ツルネン・マルテイさんは今

 かつて“青い目の政治家”として話題になった国会議員がいた。フィンランド生まれの元民主党参院議員、弦念丸呈(ツルネン・マルテイ)さん(77)だ。2013年7月の参院選に比例区で出馬したものの惜しくも落選。通算2期で政界を引退した。今どうしているのか?

■人生を振り返り「すべては使命だった」

「日々の生活は執筆活動をメインにしてまして、午前中はパソコンに向かい、午後は読書をしたり30坪ほどの家庭菜園の手入れをしたり。政界? すっかり距離を置いてしまい、投票には必ず行きますが民進党の党員でもありません」

 神奈川県鎌倉市西鎌倉。弦念さんと会ったのは最寄り駅から10分ほど歩いた閑静な住宅地にある自宅の書斎だった。

「13年の政界引退以降、手がけた書籍は3冊になります。この中には、前妻との間に生まれ、分子生物学者でもある次女が書いた小説を翻訳した『砂漠の鷲』(新評論)もあります。この12月20日には自叙伝『使命』(皓星社)を発売予定なんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事