上映スタイル多彩 SW「最後のジェダイ」オススメ鑑賞法

公開日:

 15日に全国公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、2回、3回と繰り返し見るファンも多いはず。大作だけに多彩な上映スタイルが選べるのも特徴だ。どんなものがあるか。上映スタイルによって違う楽しみ方を紹介しよう。

 まずは、簡単な違いについて。

■2D
 純粋に映画を楽しみたければこれ。今はほとんどがデジタル上映で映像もクリア。

■3D 専用のメガネを掛けることで、映像が立体的に。以前より輪郭のダブりやボヤけが減り見やすくなったが、座席の位置によっては映像のズレが気になる。字幕を追うのが大変で、吹き替え版の方がベター。数百円の追加料金がかかる。

■IMAX カナダのIMAX社が開発した動画フィルム規格および映写システム。通常の映画フィルムより大きなサイズの映像を記録・上映できる。今回のスター・ウォーズでは、前回に続き一部シーンをこのIMAXカメラで撮影。数百円の追加料金がかかる。3Dの場合は3D料金も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る