• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上映スタイル多彩 SW「最後のジェダイ」オススメ鑑賞法

 15日に全国公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、2回、3回と繰り返し見るファンも多いはず。大作だけに多彩な上映スタイルが選べるのも特徴だ。どんなものがあるか。上映スタイルによって違う楽しみ方を紹介しよう。

 まずは、簡単な違いについて。

■2D
 純粋に映画を楽しみたければこれ。今はほとんどがデジタル上映で映像もクリア。

■3D 専用のメガネを掛けることで、映像が立体的に。以前より輪郭のダブりやボヤけが減り見やすくなったが、座席の位置によっては映像のズレが気になる。字幕を追うのが大変で、吹き替え版の方がベター。数百円の追加料金がかかる。

■IMAX カナダのIMAX社が開発した動画フィルム規格および映写システム。通常の映画フィルムより大きなサイズの映像を記録・上映できる。今回のスター・ウォーズでは、前回に続き一部シーンをこのIMAXカメラで撮影。数百円の追加料金がかかる。3Dの場合は3D料金も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る