上映スタイル多彩 SW「最後のジェダイ」オススメ鑑賞法

公開日:

 15日に全国公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、2回、3回と繰り返し見るファンも多いはず。大作だけに多彩な上映スタイルが選べるのも特徴だ。どんなものがあるか。上映スタイルによって違う楽しみ方を紹介しよう。

 まずは、簡単な違いについて。

■2D
 純粋に映画を楽しみたければこれ。今はほとんどがデジタル上映で映像もクリア。

■3D 専用のメガネを掛けることで、映像が立体的に。以前より輪郭のダブりやボヤけが減り見やすくなったが、座席の位置によっては映像のズレが気になる。字幕を追うのが大変で、吹き替え版の方がベター。数百円の追加料金がかかる。

■IMAX カナダのIMAX社が開発した動画フィルム規格および映写システム。通常の映画フィルムより大きなサイズの映像を記録・上映できる。今回のスター・ウォーズでは、前回に続き一部シーンをこのIMAXカメラで撮影。数百円の追加料金がかかる。3Dの場合は3D料金も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る