藤吉久美子は電車移動…不倫発覚の裏にTV局の経費カット

公開日:

 藤吉久美子(56)の不倫騒動で、藤吉が涙の会見で謝罪したのに対し、相手とされるABC朝日放送のゼネラルプロデューサーが、いまだノーコメントで世間から批判を浴びている。

 身内のテレビ関係者からは、こんな声が上がっている。

「密会場所を自宅マンションにしたり、地方出張先で合流したりしていたのは、マスコミ対策のつもりだったのかもしれないが、それだけか。経費をたんまり使えた頃だったら違うやり方をしていたんじゃないか」

 プロデューサーが肩で風を切って歩き、経費が青天井のように使えた頃の話として、こんなエピソードがあるという。

「ある男性局アナは、不倫相手のタレントとの密会にホテルを使う際、芸能プロに頼んでチェックインさせていた。指定の部屋にタレントを連れてくるのもマネジャーを装った芸能プロ。ゼネラルプロデューサーともなれば、そういう手をいくつも持っていたし、キャスティングなどでそれ相応の見返りも渡していた。そういうことができなくなったとすれば、つまり経費が使えなくなったから。いい給料をもらっているくせに、飲食のみならず、下半身の欲求すら自腹を切らないという体質が染みついているのでしょう。電車やバスといった公共交通機関を藤吉さんは利用されていたそうですが、尾行する側からみればタクシーなどより簡単。不倫発覚のきっかけのひとつに経費カットがあったとすれば、なんとも情けない」(テレビ関係者)

 男女関係にも世知辛い景気が反映する。とはいえ、ここ一番で出し渋れば、ケチの烙印を押されるのは確実。不倫したければ、自腹を切ってやせ我慢するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る