藤吉久美子は電車移動…不倫発覚の裏にTV局の経費カット

公開日:

 藤吉久美子(56)の不倫騒動で、藤吉が涙の会見で謝罪したのに対し、相手とされるABC朝日放送のゼネラルプロデューサーが、いまだノーコメントで世間から批判を浴びている。

 身内のテレビ関係者からは、こんな声が上がっている。

「密会場所を自宅マンションにしたり、地方出張先で合流したりしていたのは、マスコミ対策のつもりだったのかもしれないが、それだけか。経費をたんまり使えた頃だったら違うやり方をしていたんじゃないか」

 プロデューサーが肩で風を切って歩き、経費が青天井のように使えた頃の話として、こんなエピソードがあるという。

「ある男性局アナは、不倫相手のタレントとの密会にホテルを使う際、芸能プロに頼んでチェックインさせていた。指定の部屋にタレントを連れてくるのもマネジャーを装った芸能プロ。ゼネラルプロデューサーともなれば、そういう手をいくつも持っていたし、キャスティングなどでそれ相応の見返りも渡していた。そういうことができなくなったとすれば、つまり経費が使えなくなったから。いい給料をもらっているくせに、飲食のみならず、下半身の欲求すら自腹を切らないという体質が染みついているのでしょう。電車やバスといった公共交通機関を藤吉さんは利用されていたそうですが、尾行する側からみればタクシーなどより簡単。不倫発覚のきっかけのひとつに経費カットがあったとすれば、なんとも情けない」(テレビ関係者)

 男女関係にも世知辛い景気が反映する。とはいえ、ここ一番で出し渋れば、ケチの烙印を押されるのは確実。不倫したければ、自腹を切ってやせ我慢するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る