• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤吉久美子は電車移動…不倫発覚の裏にTV局の経費カット

 藤吉久美子(56)の不倫騒動で、藤吉が涙の会見で謝罪したのに対し、相手とされるABC朝日放送のゼネラルプロデューサーが、いまだノーコメントで世間から批判を浴びている。

 身内のテレビ関係者からは、こんな声が上がっている。

「密会場所を自宅マンションにしたり、地方出張先で合流したりしていたのは、マスコミ対策のつもりだったのかもしれないが、それだけか。経費をたんまり使えた頃だったら違うやり方をしていたんじゃないか」

 プロデューサーが肩で風を切って歩き、経費が青天井のように使えた頃の話として、こんなエピソードがあるという。

「ある男性局アナは、不倫相手のタレントとの密会にホテルを使う際、芸能プロに頼んでチェックインさせていた。指定の部屋にタレントを連れてくるのもマネジャーを装った芸能プロ。ゼネラルプロデューサーともなれば、そういう手をいくつも持っていたし、キャスティングなどでそれ相応の見返りも渡していた。そういうことができなくなったとすれば、つまり経費が使えなくなったから。いい給料をもらっているくせに、飲食のみならず、下半身の欲求すら自腹を切らないという体質が染みついているのでしょう。電車やバスといった公共交通機関を藤吉さんは利用されていたそうですが、尾行する側からみればタクシーなどより簡単。不倫発覚のきっかけのひとつに経費カットがあったとすれば、なんとも情けない」(テレビ関係者)

 男女関係にも世知辛い景気が反映する。とはいえ、ここ一番で出し渋れば、ケチの烙印を押されるのは確実。不倫したければ、自腹を切ってやせ我慢するしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る