夏木陽介さんが死去 「青春とはなんだ」「Gメン75」出演

公開日: 更新日:

 俳優の夏木陽介(本名阿久沢有)さんが腎細胞がんのため都内の病院で亡くなっていたことが分かった。

 81歳。東京都出身。死去したのは14日。 明大から東宝に入り、1958年の映画「密告者は誰か」で主演。多くの映画に出演した。その後「青春とはなんだ」で人気を集め、「Gメン’75」に出演。渋い二枚目俳優として活躍した。

 スポーツマンとしても知られ、85~93年には、パリ―ダカール・ラリーにドライバーや監督として出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る