有安杏果引退で「新生ももクロ」 次なる目標は東京五輪か

公開日: 更新日:

「普通の女の子の生活に戻りたい」と突然芸能界引退を宣言した「ももいろクローバーZ」の“緑”有安杏果(22)が21日、幕張メッセでラストライブを開催した。

 会場にはライブビューイング含め約3万7000人のファンが集結、有安のテーマカラーであるグリーンの服やリュックを背負ったファンたちが彼女を見送った。開演前に取材に応じ、今の心境を聞かれた有安は「8年間やり切ってスッキリしています。(引退宣言について)いろんな意見があるだろうと覚悟していましたが、“おつかれ”という温かい言葉が多くてうれしかったです」とエゴサーチ分析を欠かさない有安らしい感謝の言葉を述べた。

 メンバーの玉井詩織(22)は「学生時代は杏果が勉強し出すとテストが近いんだなと思いました」と有安の勤勉エピソードを披露。EXILEのダンススタジオ出身でダンスは本格派、歌唱力はメンバーでピカイチ。聞かせるパートはほとんど有安が担当し、生歌&口パクなしをモットーとしているももクロの実力を下支えしてきた。アイドルと大学生“二足のワラジ”を貫き、昨年大学を卒業。ワラジの一方をコンプリートしたためにかえって「燃え尽き症候群」に陥ったのではと囁かれるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る