元夫と同居の不思議…葉月里緒奈“魔性の女”は今も現役

公開日: 更新日:

 魔性の女、葉月里緒奈(42)が25日発売の「女性セブン」で不思議な家族関係を明かした。

 葉月はかつて真田広之(57)やイチロー(44)と交際、「好きな人にたまたま奥さんがいただけ」という“名言”でバッシングを受けた。1998年にハワイの寿司職人と結婚するも2カ月でスピード離婚。2004年に不動産会社の社長と再婚、同年長女(13)を出産。セレブ妻へ転身し、魔性封印かと思いきや、同誌の直撃インタビューに応じ、衝撃の事実が次々と明かされた。

 実は2010年ごろに離婚し、その後籍を抜いたまま元夫宅に娘と共に同居。ところが昨年、ジュエリー関係の会社社長と交際、娘を捨てて、新恋人宅へ転がり込んだものの、また前夫の家に出戻ったというのだ。ところが新恋人とは別れたわけではなく「ちょっと前に籍を入れようかという話になったんですけど……様子を見て」いるそうで、むしろ新恋人との距離は縮まっているという摩訶不思議。しかも同棲中も、娘のご飯を作りに前夫宅に出入りしていたという。前夫からすれば、籍は抜かれ、娘は置き去り。家には出入りし、気がついたら戻ってくるわ……。新恋人も含め、みな葉月の“都合のいい男”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る