• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外にも庶民派? 板野友美と高級バックと“長ネギ2本”

 昼間でも5度ほどにしか気温が上がらない寒い日にもかかわらず、両膝がモロ出しになるほど破れたダメージジーンズで歩く女性を発見。足は男性の腕よりもはるかに細い。今にも折れてしまいそうな細い足をセカセカ動かして早歩きをして、帽子にマスクをして人目を忍ぶようにしている女性……顔をのぞくと板野友美(26)だった!

 左手には高級そうなバッグにブランド物の紙袋。だが右手には左手とは不釣り合いなスーパーのビニール袋を提げていた。ビニール袋はパンパン。中身までは確認できなかったが、立派な長ネギが2本飛び出していたので、夕飯の買い物であることは間違いない。

 今月、久しぶりのシングルと写真集を発売する板野。今はそのキャンペーンで忙しいはずなので、この日は束の間のオフで温かい鍋料理でも作ろうというのだろうか。もしかして、一緒に鍋をつつく新たな彼氏ができていたりして!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る