社会派映画「デトロイト」 なぜ賞レースで黙殺されたのか

公開日:

 アメリカでは、白人警官による黒人への過剰な暴力がニュースになるのはしょっちゅうだ。暴動を繰り返してきた黒人への恐れと差別意識がその背景にあるといわれるが、その原点というべき50年前の黒人虐待事件を描いた映画「デトロイト」が公開され話題になっている。

「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」の監督&脚本家コンビによる最新作。前2作同様、重厚なタッチの社会派ドラマで、キャスリン・ビグロー監督得意のバイオレンス描写も容赦ない。映画批評家の前田有一氏も作品の完成度の高さには舌を巻く。

「古い事件の映画化ですが、テーマがきわめて現代的で興味深い。もともと2014年にミズーリ州で起きた、白人警官による黒人青年射殺をきっかけに発生した黒人暴動に関心を寄せていたビグロー監督に、盟友で脚本家のマーク・ボールが50年前の史実を紹介して始まった企画です。あえて時系列順に虐待と尋問シーンを撮ることで俳優たちを精神的に追い詰め、演技を超えたすさまじい恐怖と痛みを観客に伝えることに成功しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る