飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

財布紛失時のBGM師匠は「ジーパン刑事からさんまさん」

公開日:
義理チョコには松本伊代の名曲が合う(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今回は前回の続き、生活していていろいろな場面で流れる脳内ミュージック、そう、BGM師匠をご紹介します。

 先週はまさにBGM師匠が登場しやすいバレンタインデーでしたね。中学時代、好きな女子からもらったのは「Fri…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る