二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

今度は山口智子…キムタクに必要な共演者頼みからの脱却

公開日:  更新日:

 60年代、歌謡界を席巻したグループサウンズ(GS)はボーカルが人気の一面を握っていた。「タイガース」には沢田研二、「テンプターズ」には萩原健一という代表的なボーカルは、歌唱スタイルに加えてビジュアル面でファンを魅了。GS人気を支えた。GSブームと入れ替わるように出てきたのが「ジャニーズ」を中心としたアイドルグループ(AG)。GSとの差別化を図るように、当時のAGは楽器を持たず歌と踊り。また突出したボーカルを置かず全員が違った個性を持つスター候補者だった。結果、「俺が一番」と、グループ内のライバル心が増すのが自然。先週放送の「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)にゲスト出演した保阪尚希は、司会の中居正広(45)がSMAPデビュー当時、「俺どうしよう、だってさー、木村(拓哉)に見た目じゃ勝てないじゃん」と相談されたと明かした。中居は自信のあった踊りに重きを置いて対抗したという。

「グループはソロになるための手段」といわれるアイドル界。グループ活動はソロの準備期間。まずは仲間内でのライバル争いが始まり、その差が表れるのがソロになったとき。中居は踊りではなく天性のおしゃべりを磨き今や司会の第一人者。現段階では元SMAPで一番の勝ち組になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る