• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

今度は山口智子…キムタクに必要な共演者頼みからの脱却

 60年代、歌謡界を席巻したグループサウンズ(GS)はボーカルが人気の一面を握っていた。「タイガース」には沢田研二、「テンプターズ」には萩原健一という代表的なボーカルは、歌唱スタイルに加えてビジュアル面でファンを魅了。GS人気を支えた。GSブームと入れ替わるように出てきたのが「ジャニーズ」を中心としたアイドルグループ(AG)。GSとの差別化を図るように、当時のAGは楽器を持たず歌と踊り。また突出したボーカルを置かず全員が違った個性を持つスター候補者だった。結果、「俺が一番」と、グループ内のライバル心が増すのが自然。先週放送の「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)にゲスト出演した保阪尚希は、司会の中居正広(45)がSMAPデビュー当時、「俺どうしよう、だってさー、木村(拓哉)に見た目じゃ勝てないじゃん」と相談されたと明かした。中居は自信のあった踊りに重きを置いて対抗したという。

「グループはソロになるための手段」といわれるアイドル界。グループ活動はソロの準備期間。まずは仲間内でのライバル争いが始まり、その差が表れるのがソロになったとき。中居は踊りではなく天性のおしゃべりを磨き今や司会の第一人者。現段階では元SMAPで一番の勝ち組になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る