碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

NHK「荒神」の内田有紀に拍手 業を背負った女の悲しさ

公開日:

 先週末、BSプレミアムで「荒神」が放送された。原作は宮部みゆきの同名小説。舞台は元禄時代、東北地方の山村だ。

 永津野藩の重臣、曽谷弾正(平岳大)は隣接する香山藩へ残忍な攻撃を続けていた。妹の朱音(内田有紀)は兄に反発し、家を出て村で暮らしている。ある日、怪物に襲われたという少年を旅の浪人(平岡祐太)が助け、村に運び込んでくる。

 まず、CGで作られた怪物が見事な出来栄えだ。村を破壊し、無慈悲に人を食べ、踏み潰していくさまは結構怖い。正面から見たギョロ目の顔が、映画「シン・ゴジラ」の第2形態、通称・蒲田くんに似ているのはご愛嬌だ。

 ただし、このドラマの見どころはCGだけではない。ヒロインである朱音の可憐さ、りりしさ、そして業を背負った女の悲しさを表現した内田に拍手だ。特に怪物と向き合うラストシーンでの立ち姿と表情は絶品だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る