碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

NHK「荒神」の内田有紀に拍手 業を背負った女の悲しさ

公開日:

 先週末、BSプレミアムで「荒神」が放送された。原作は宮部みゆきの同名小説。舞台は元禄時代、東北地方の山村だ。

 永津野藩の重臣、曽谷弾正(平岳大)は隣接する香山藩へ残忍な攻撃を続けていた。妹の朱音(内田有紀)は兄に反発し、家を出て村で暮らしている。ある日、怪物に襲われたという少年を旅の浪人(平岡祐太)が助け、村に運び込んでくる。

 まず、CGで作られた怪物が見事な出来栄えだ。村を破壊し、無慈悲に人を食べ、踏み潰していくさまは結構怖い。正面から見たギョロ目の顔が、映画「シン・ゴジラ」の第2形態、通称・蒲田くんに似ているのはご愛嬌だ。

 ただし、このドラマの見どころはCGだけではない。ヒロインである朱音の可憐さ、りりしさ、そして業を背負った女の悲しさを表現した内田に拍手だ。特に怪物と向き合うラストシーンでの立ち姿と表情は絶品だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る