暴行事件同席がダメ押し 横綱白鵬ついに「帰化決意」情報

公開日:

 相撲協会には、「日本国籍を有さない限り、年寄名跡を取得できない」というルールがある。これに真っ向から反発していたのが、横綱白鵬(32)だ。

 昨年はモンゴルのテレビ番組に出演し、「力士として土俵には上がれるのに、親方になるには国籍を変えないとダメ。理解できない」と、不満をぶちまけていた。事実、自身の後援者などを通じて、モンゴル国籍のまま、親方になれるよう協会に働きかけていたという。

 しかし、協会は国籍に関するルール変更は断固拒否。引退後は親方になり、「銀座にガラス張りの部屋を開く」という野望を持つ白鵬は、今年に入ってついに屈することになったという。

 あるタニマチ筋が言う。

「帰化を決意したと聞いています。すでに帰化申請の書類を提出したという話もある。これまで白鵬は誰に吹き込まれたのか、『突出した成績を残せば、モンゴル国籍のままでも親方になれる』と信じ込んでいた。ヒジ打ちや張り差しを繰り返したのも、『手段より結果』という考えの表れでしょう。しかし、いくら優勝を重ねようが、協会内から国籍のルールを変えてもいいのではないかという声は出なかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る