暴行事件同席がダメ押し 横綱白鵬ついに「帰化決意」情報

公開日: 更新日:

 相撲協会には、「日本国籍を有さない限り、年寄名跡を取得できない」というルールがある。これに真っ向から反発していたのが、横綱白鵬(32)だ。

 昨年はモンゴルのテレビ番組に出演し、「力士として土俵には上がれるのに、親方になるには国籍を変えないとダメ。理解できない」と、不満をぶちまけていた。事実、自身の後援者などを通じて、モンゴル国籍のまま、親方になれるよう協会に働きかけていたという。

 しかし、協会は国籍に関するルール変更は断固拒否。引退後は親方になり、「銀座にガラス張りの部屋を開く」という野望を持つ白鵬は、今年に入ってついに屈することになったという。

 あるタニマチ筋が言う。

「帰化を決意したと聞いています。すでに帰化申請の書類を提出したという話もある。これまで白鵬は誰に吹き込まれたのか、『突出した成績を残せば、モンゴル国籍のままでも親方になれる』と信じ込んでいた。ヒジ打ちや張り差しを繰り返したのも、『手段より結果』という考えの表れでしょう。しかし、いくら優勝を重ねようが、協会内から国籍のルールを変えてもいいのではないかという声は出なかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る