朝ドラ旧作を夕方枠で再放送 民放各局が恐れるNHKの戦略

公開日:  更新日:

 NHKが4月9日から過去の朝ドラを平日の夕方に再放送する。これまでもBSや地域限定で朝ドラの旧作を再放送した例はあるが、総合テレビでの全国放送の再放送は初めて。16時20分から1日に2話ずつ放送していくという。

 第1弾は平均視聴率19.1%を記録した尾野真千子主演の「カーネーション」(2011年後期)。NHKには再放送を希望する声が多数寄せられていたという。

 視聴者は歓迎かもしれないが、今回のNHKの試みに戦々恐々なのが民放各局だ。NHKが現在16時台に放送している報道・情報番組「4時も!シブ5時」の視聴率は2%台と低迷。ところが、「カーネーション」の再放送が始まったら、裏番組から視聴者をゴッソリ奪うのは確実だという。

 元NHK職員のジャーナリスト、今井良氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る