官邸との確執で“左遷” NHK大越キャスター復帰内定のウラ

公開日:

 “あの男”がテレビに戻ってくる――。2015年3月末、5年間務めた「ニュースウオッチ9」キャスターを降板したNHKの大越健介氏(56)。4月から日曜夜の看板スポーツ「サンデースポーツ」のキャスターに内定したと報じられた。近日中に正式発表される。

 大越氏は「ニュース9」で特定秘密保護法や原発再稼働について慎重なコメントをすることがあり、安倍政権に批判的なキャスターとして知られた。降板当時は政府に疎まれたことによる“更迭”“左遷”などと騒がれた。

「『ニュース9』降板後の2年間は、不遇の時代だったかもしれません。同期入局の当時の政治部長が報道局長に出世する傍ら、大越さんは“報道局記者主幹”という体裁のいいポストをあてがわれ、時折、BS番組などに出演する程度。テレビへの露出は激減しました。新潟高校野球部出身であることから、16年新潟県知事選への出馬も取り沙汰されました」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る