片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

お決まりの「愛しあってるかい?」に込められた深い意味

公開日: 更新日:

 同書で仲井戸麗市(愛称チャボ)は、「清志郎の『愛しあってるかい』は仲良くしよう、手をつなごう、なんてのとはまるで違う。(中略)清志郎は『愛しあってるかい』をやめて『好きかい』とかなんとかってゆう変え方はきっとしないと思う。他の一言ではいえない、ヤツのポリシーがこの中にあるからだ」と意味を説明している。

 少なくとも、盛り上がる観客に向けた能天気な言葉でないことは確かなようだ。清志郎は晩年のライブ会場で「今も世界では戦争が続いている。世の中がどんどんおかしくなっている」といった類いの言葉を観客たちに投げかけ、「愛しあってるかい?」と続けたという。ジョン・レノンの「Love&Peace」と同じく、平和へのメッセージが込められていたのかもしれない。

「清志郎さんは、ステージ上では面白いコール&レスポンスをよくしていました。例えば、ステージ上から『イエ~イ!』と叫ぶと、観客も『イエ~イ!』と返す。それを、ふざけて『イエ~イって、イエ~(言え)』というのもそのひとつ。エスカレートして、『イエ~って、イエ~って、イエ~!』と、さらにくどいことになるんです(笑い)。ついには、『今日はどこから来たんだ?』とファンに問いかけ、『イエ~!!(家)』と言わせて両者とも楽しんでいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る