城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

高島忠夫、渡哲也…女性誌がスターの老いを取り上げた事情

公開日: 更新日:

 今週の女性週刊誌に、ふたつの気になる記事が登場した。

 ひとつは、高島忠夫・寿美花代夫妻、もうひとつは渡哲也の、どちらも健康問題だ。

 高島・寿美夫妻は、高島が十数年前から糖尿病、うつ病、そしてパーキンソン病、不整脈と闘病生活を続け、それを寿美が献身的に世話してきたことが、ドキュメンタリー番組で放送されたほど。よく知られた話だが、最近、都内の自宅周辺で2人の姿を見かけなくなった。自宅に医師と看護師が訪問巡回しており、病院にも通えないほど衰弱しているのか……という記事だった。

 夫妻に代わって息子で俳優の高嶋政伸が「ホームヘルパーが交代で食事や洗濯、掃除などの家事をしに来ていて、週1で医師が訪問している」ことを明かしている。何しろ、高島が87歳、寿美が86歳と高齢で、外の散歩などもしなくなったらしい。高島は往年の映画スターで、テレビの司会、映画解説でも知られるし、寿美も宝塚の大スター。外出するにも、それなりに見栄えよくしていたいだろうし、カッコよさを残したいとなれば、外に出るのもおっくうになりがちだろう。自宅では自分たちで寝起きはしているそうだ。兄の高嶋政宏や弟の政伸ら家族が時々、顔を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る