髭男爵・山田ルイ53世が一発屋取材を語る「勇気もらった」

公開日: 更新日:

 お笑い芸人、髭男爵の山田ルイ53世(43)が「一発屋芸人」にインタビューした「一発屋芸人列伝」(新潮社)で編集者が選ぶ「第24回雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞し話題になっている。同書では、とにかく明るい安村、ジョイマン、キンタロー。ら一発屋芸人の姿を生き生きとした筆致で描いている。ピース又吉に次ぐ“芸人文筆家”の登場との呼び声も高い山田ルイ53世に話を聞いた。

■「一発屋の華麗な溺れ方、あがき方を味わっていただければ」

 本作は“一発会”の発足がきっかけだとか。

「2015年に『一発屋総選挙』というイベントをムーディ勝山くんたちが企画してくれて、そこから会が発足しました。そもそも社交下手なピン芸人を救う受け皿をつくろうと、レイザーラモンHGさんたちが会を立ち上げ、僕もそのセーフティーネットに引っかかりました。○○軍団とかグループに所属していなくて、芸能人の友達がいないんですよ。選挙も1回だけで終わるという伝説のイベントで、飲み会は声をかけると一発で決まりました。みんなヒマだったので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る