SWシリーズ初の赤字懸念 「ハン・ソロ」劇場で観るべきか

公開日:

 ディズニーがルーカスフィルムを買収したことで再起動した「スター・ウォーズ」シリーズ。現在進行中の新3部作の合間に隔年公開されているスピンオフ作品をアンソロジーシリーズとかアナザーストーリーと呼ぶが、その最新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」がいよいよ日本でも公開となる。

 シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日々と、愛機ミレニアム・ファルコンとの出合い、活躍を描いた冒険活劇で、メガホンを取るのはオスカー監督のロン・ハワード。鉄板の話題作とみられていたが米国ではファンから不満の声も上がっているという。その背景を映画批評家の前田有一氏が解説する。

■ディズニーキャラと化したソロ像に不満の声

「年末の超大作として公開されてきたディズニー製スター・ウォーズとしては初めて春シーズンに投入されましたが、興収は期待を大きく下回っています。製作費と宣伝費が桁違いなためシリーズ初の赤字作品になるのでは、との一部報道に加え、今後のスピンオフ計画が白紙になったとのうわさまで流れ、慌てて製作側が否定する一幕もありました。また、マニアの中には初期のアウトローな毒気が抜け、すっかりディズニーキャラと化したソロ像にも不満があるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る