• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SWシリーズ初の赤字懸念 「ハン・ソロ」劇場で観るべきか

 ディズニーがルーカスフィルムを買収したことで再起動した「スター・ウォーズ」シリーズ。現在進行中の新3部作の合間に隔年公開されているスピンオフ作品をアンソロジーシリーズとかアナザーストーリーと呼ぶが、その最新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」がいよいよ日本でも公開となる。

 シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日々と、愛機ミレニアム・ファルコンとの出合い、活躍を描いた冒険活劇で、メガホンを取るのはオスカー監督のロン・ハワード。鉄板の話題作とみられていたが米国ではファンから不満の声も上がっているという。その背景を映画批評家の前田有一氏が解説する。

■ディズニーキャラと化したソロ像に不満の声

「年末の超大作として公開されてきたディズニー製スター・ウォーズとしては初めて春シーズンに投入されましたが、興収は期待を大きく下回っています。製作費と宣伝費が桁違いなためシリーズ初の赤字作品になるのでは、との一部報道に加え、今後のスピンオフ計画が白紙になったとのうわさまで流れ、慌てて製作側が否定する一幕もありました。また、マニアの中には初期のアウトローな毒気が抜け、すっかりディズニーキャラと化したソロ像にも不満があるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る