SWシリーズ初の赤字懸念 「ハン・ソロ」劇場で観るべきか

公開日:

 ディズニーがルーカスフィルムを買収したことで再起動した「スター・ウォーズ」シリーズ。現在進行中の新3部作の合間に隔年公開されているスピンオフ作品をアンソロジーシリーズとかアナザーストーリーと呼ぶが、その最新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」がいよいよ日本でも公開となる。

 シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日々と、愛機ミレニアム・ファルコンとの出合い、活躍を描いた冒険活劇で、メガホンを取るのはオスカー監督のロン・ハワード。鉄板の話題作とみられていたが米国ではファンから不満の声も上がっているという。その背景を映画批評家の前田有一氏が解説する。

■ディズニーキャラと化したソロ像に不満の声

「年末の超大作として公開されてきたディズニー製スター・ウォーズとしては初めて春シーズンに投入されましたが、興収は期待を大きく下回っています。製作費と宣伝費が桁違いなためシリーズ初の赤字作品になるのでは、との一部報道に加え、今後のスピンオフ計画が白紙になったとのうわさまで流れ、慌てて製作側が否定する一幕もありました。また、マニアの中には初期のアウトローな毒気が抜け、すっかりディズニーキャラと化したソロ像にも不満があるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る