てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

バッシングに耐え…田原俊彦が覚悟のスマイルで守ったもの

公開日:

「だって田原俊彦ですから」(田原俊彦/TBS「サワコの朝」6月23日放送)

 田原俊彦(57)といえば、1994年のいわゆる「ビッグ発言」が引き金となり、メディアから“干され”仕事が激減したといわれる。そのことについて、田原は「あの時に僕に力があれば、全然そんなの吹き飛ばせたと思うし、みんなが思うほど干されたっていう気持ちはない」と語る。さらに、仕事がなくなった際、転職を考えたかと尋ねられると、「ない」と即答し、続けて語ったのが今週の言葉だ。

 田原は母子家庭で育ったため、生活は苦しく、自然とアイドルになって成功し、家計を支えたいと思うようになった。そこで、何のツテもないまま、ジャニーズ事務所を訪ねた。そして高校卒業後、「3年B組金八先生」(TBS)で本格デビューを果たし、「たのきんトリオ」で大ブレーク。80年代に入ると、人気は過熱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る