飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

勝手に期待…「だって夏だから師匠<上>」は西野監督に一票

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。それは土曜の朝のことです。我が家の便座ヒーターが、〈低〉から〈OFF〉になりました。飯尾家はどうやら夏入り宣言したもようですが、サッカー日本代表がベスト16。決勝トーナメント入り! おめでとうございます!!

 ポーランド戦の後はいろいろな意見が出たみたいですが、飯尾家長男の私は、立派なベスト16入りだと思います。同じ状況でしたら、どこの国の代表だって、どこの学校の球技大会だってあの戦法を取ると思いますよ。ドーピングもなけりゃ、負けが濃厚になったらカァーッとなって相手選手を削りにいくこともなけりゃ、日本人らしくコツコツとやってきたフェアプレーの積立貯金が効いた試合だと思います……って何が言いたいの? え~西野監督に一票! ということで、今回は夏になったら何かハッピーなことが起きるんじゃないかと勝手に期待してしまう「だって夏だから師匠」です……って、前半の前振り、全く関係ないじゃない!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る