飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

BBQに出かけた飯尾チームは…「だって夏だから師匠<下>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。べ、べ、ベルギー代表! ブラジル相手に凄かったですね~。そのベルギー相手に果敢に攻めまくった日本代表もやっぱり凄かったんだな~とアノ日の午前3時36分に思いをはせる今日この頃……。さあ皆さん! 前回の続き、夏だからハッピーなことが起きると勝手に期待しがちな飯尾家長男の中にすみ続けている「だって夏だから師匠」行ってみましょう~。

 海水浴場で女子との出会いが全く期待できない、そんな答えが出た彼女大募集中の高校時代の飯尾フレンズチーム。そのひとりが世界的発見でもしたかのように目を輝かせながら、「海がダメなら山に行こう!」と提案。「山か! 女子たちは奥多摩の川でBBQキャンプをやってるらしい」と言いかけた瞬間、よっ出ました! だって夏だから師匠! われわれ“幕末恋愛塾”はセブンティーンの夏を奥多摩に託し、行きの電車内からワクワク盛り上がっていたのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る