飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

BBQに出かけた飯尾チームは…「だって夏だから師匠<下>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。べ、べ、ベルギー代表! ブラジル相手に凄かったですね~。そのベルギー相手に果敢に攻めまくった日本代表もやっぱり凄かったんだな~とアノ日の午前3時36分に思いをはせる今日この頃……。さあ皆さん! 前回の続き、夏だからハッピーなことが起きると勝手に期待しがちな飯尾家長男の中にすみ続けている「だって夏だから師匠」行ってみましょう~。

 海水浴場で女子との出会いが全く期待できない、そんな答えが出た彼女大募集中の高校時代の飯尾フレンズチーム。そのひとりが世界的発見でもしたかのように目を輝かせながら、「海がダメなら山に行こう!」と提案。「山か! 女子たちは奥多摩の川でBBQキャンプをやってるらしい」と言いかけた瞬間、よっ出ました! だって夏だから師匠! われわれ“幕末恋愛塾”はセブンティーンの夏を奥多摩に託し、行きの電車内からワクワク盛り上がっていたのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る