• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

BBQに出かけた飯尾チームは…「だって夏だから師匠<下>」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。べ、べ、ベルギー代表! ブラジル相手に凄かったですね~。そのベルギー相手に果敢に攻めまくった日本代表もやっぱり凄かったんだな~とアノ日の午前3時36分に思いをはせる今日この頃……。さあ皆さん! 前回の続き、夏だからハッピーなことが起きると勝手に期待しがちな飯尾家長男の中にすみ続けている「だって夏だから師匠」行ってみましょう~。

 海水浴場で女子との出会いが全く期待できない、そんな答えが出た彼女大募集中の高校時代の飯尾フレンズチーム。そのひとりが世界的発見でもしたかのように目を輝かせながら、「海がダメなら山に行こう!」と提案。「山か! 女子たちは奥多摩の川でBBQキャンプをやってるらしい」と言いかけた瞬間、よっ出ました! だって夏だから師匠! われわれ“幕末恋愛塾”はセブンティーンの夏を奥多摩に託し、行きの電車内からワクワク盛り上がっていたのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る