• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青学は全滅…ロンブー田村淳の慶大通信入学はアリバイ作り

 淳はこの慶大通信課程に入学後、ハフポスト日本版のインタビューで「仕事との両立の壁に直面した」「いざ受かったら、僕の働き方にはフィットしていない」と早くも弱音を吐いていた。ネット上には「有名大の肩書が欲しいだけって感じがする」「政治家にでもなるつもり?」「絶対卒業できないと思う」など批判的なコメントが多数ある。「実は青学受験から逃げたくて現実逃避しただけでは」とシビアな見方もある。芸能ジャーナリストの浅見麟氏が言う。

「もしかしたら、青学受験(AbemaTVの企画)をこれ以上続けるのがつらくて、ファンやAbemaTVの視聴者を納得させるために、“アリバイ作り”で慶大通信課程に入学したのではないかと思ってしまいます。さすがに、あと4~5年もすれば、淳が青学受験に挑戦していたこと自体を忘れてしまう人の方が多いでしょう」

 そのために慶大通信課程を利用したとしたら、淳はずるい。卒業するまできっちり見届けた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る