• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青学は全滅…ロンブー田村淳の慶大通信入学はアリバイ作り

 淳はこの慶大通信課程に入学後、ハフポスト日本版のインタビューで「仕事との両立の壁に直面した」「いざ受かったら、僕の働き方にはフィットしていない」と早くも弱音を吐いていた。ネット上には「有名大の肩書が欲しいだけって感じがする」「政治家にでもなるつもり?」「絶対卒業できないと思う」など批判的なコメントが多数ある。「実は青学受験から逃げたくて現実逃避しただけでは」とシビアな見方もある。芸能ジャーナリストの浅見麟氏が言う。

「もしかしたら、青学受験(AbemaTVの企画)をこれ以上続けるのがつらくて、ファンやAbemaTVの視聴者を納得させるために、“アリバイ作り”で慶大通信課程に入学したのではないかと思ってしまいます。さすがに、あと4~5年もすれば、淳が青学受験に挑戦していたこと自体を忘れてしまう人の方が多いでしょう」

 そのために慶大通信課程を利用したとしたら、淳はずるい。卒業するまできっちり見届けた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る